★退職スローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛犬「たんぽぽ」子宮摘出手術

<<   作成日時 : 2017/06/02 19:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

先週、持病の子宮蓄膿症が再発しました。
今までなら、点滴や投薬で症状が収まったけど
今度は回復のメドが経たず、このままでは危険な状態に。

子宮摘出手術のネックになっていた 心臓の不整脈が
今回の心電図の検査では、幸いなことに発見されず、
「手術するなら、今がチャンスですよ」と医師に勧められました。
----------------------------------------------------
(14歳6ヶ月)年齢的にも、手術のリスクが心配ですが、
体調不良を抱えたまま、辛い日々を過ごすより
苦痛の原因を取ってあげた方がいいと思い、決断しました。


(5/31手術)は1時間程で終わり、今日(6/2退院)しました。
元のように元気になってくれれば、うれしいです。
そして、また一緒に散歩したり、旅行したりしたいです。

今晩 退院したばかりなのに、歩き回っています。
傷口を舐めないように「首にエリザベスカラー」を付けて
傷口をガードするための「腹巻」もしています。(6/12抜糸)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ー"(^o^)"おはようー"(^o^)"ございます。
たんぽぽちゃんにとって大変でしょうが、その後の事を考えると今のうちの手術の方がいいのかも知れませんね。お医者さんに任せるしかないですね。
あとはたんぽぽちゃんの頑張りに期待ですね。
手厚い看護で、良くなってくれる事を祈っています。
Tomi-
2017/06/03 10:11
Tomiさん。こんにちは。
手術自体は、簡単ですが、
心臓に不整脈があり、麻酔が効くと心臓停止の恐れがあり
今までできなかったです。
これで苦痛の元がなくなったので、今回決断してよかったです。
元の元気な姿に戻るように、看病したいと思います。
心温まるメッセージ、ありがとうございました。
ひで
2017/06/03 13:23
たんぽぽちゃん、痛々しいお姿、お気持ちお察しいたします。
ゆっくり養生してください。きっと、ゆっくり回復していくことと思います。ひでさんのおっしゃる通り、苦痛を取り除いてあげたのはよかったと思います。幸運を祈ります。
ロジーナ
2017/06/04 10:33
ロジーナさん。こんにちは。
励ましの言葉、ありがとうございます。
たんぽぽにもメッセージが届いて、心強く思ってるでしょう。

退院後は、とにかくよく寝てます。
散歩も短め、食欲も控え目。以前の元気さは、まだないけど、
普段の生活がリハビリになると思います。
また元気に散歩したり、一緒に旅行に行きたいです。
ひで
2017/06/04 11:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛犬「たんぽぽ」子宮摘出手術 ★退職スローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる